忍者ブログ
京都学園大学人文学部歴史文化学科民俗学コース
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
自分の知らない寺で、少なからず本能寺が関わっていることに興味をひかれこれにしました。自分の暇があれば、もう一度ゆっくり見てみたいと思います。
 私が興味を持ったのは亀岡祭で使われる山鉾です。蛭子山の写真を選んだ理由は、この蔵にしまわれている山鉾には、三人のオランダ人が描かれた幕が張ってあって、山鉾の中でも高額なものだという説明を聞いて、どんな山鉾なのかと興味を持ち、亀岡祭で実際に山鉾を見るのが楽しみになったので、この写真を選びました。
 私が選んだのは蛭子山の写真です。大阪出身の私にとってはすごく親しみのある名前だなと勝手に思っていました。大阪ではえべっさんと呼ばれ、祀っている神社も多くあるので気になりました。一番印象に残ったので選びました。
PR
この写真は本門寺近くの住宅街です。私の住んでいた沖縄と全く違う和の雰囲気だったし、沖縄は赤瓦の屋根やコンクリート造りの家が多く、日本家屋は少なかったので、珍しいと思い選びました。
 今日は亀岡市の過去の地図と写真を見て、歴史と文化がとても長いと思いました。いろいろな見学が終ったら、豊富な文化と歴史を研究したい。
 この堀は、亀山城のお堀で、敵に攻められた際に保津川をせき止めると、大きな堀になったそうで、亀岡の地形を利用した造りになっていて当時の人々の知恵を感じました。水が張ると瓶に見えたそうです。内堀で現在、植物園のある場所には、火薬庫があったそうです。
 なぜこの写真を選んだのかというと、自分は書道をしていて、字には興味があり印象的な字だと思い選びました。特に石のことは分からないのですが、石にこんな字が書けるのかと思いました。
3月30日午前10時45分~11時放送
KBS京都ラジオ 京都1143KHz、舞鶴1215KHz、福知山1485KHz、滋賀1215KHz
他地域では放送終了後、KBS京都ラジオ「京都・丹波 Do! たんばRadio」特設サイト
で聴く事ができます。
また4月以降は京都学園大学「京都・丹波Do!たんばRadio」から聴くことができます。

「丹波はその昔、豊かな水をたたえた湖の国でした。そこにやってきた大国主命(おおくにぬしのみこと)は、鍬山神、請田神、持籠神の3人の神様を集め、湖水をかき出して保津渓谷に流し、この亀岡の国づくりを命じました。

この3神は地元では現在でも鍬山神社、請田神社、持籠神社の神様として祀られています。しかし、米山さんが調べたところ、いくらさがしても持籠神社だけが実在しないようです。それはなぜなのか。鍬山神社、請田神社、そして桑田神社など、亀岡中のフィールドワークを通じてその謎に迫ります。」
企画、ディレクション 歴史民俗学専攻新3回生 米山弓恵



第3期生諸君!卒業おめでとうございます。
ホントは丸い窓に顔写真を入れないといけない人もいるのですが。

アルバムはこちら
手塚ゼミ(現2回生、4月から3回生)の皆さま
恒例の春合宿を行いますので、ご準備ください。
時期 3月17日 18日
場所 学園大 朋文館 
集合場所と時間 3月17日 午前10時半、共同研究室。
発表は11時に始めますので、レジュメやパソコンの準備をそれまでに準備しておいてください。 対象者 現2回生の手塚講読の履修者と春からの手塚ゼミ所属予定者
用意するもの パワーポイントとレジュメと資料
持ち時間 ひとり一時間(発表30分+質問30分) あるいは手塚の気が済むまで。。。
歴史民俗学資料講読(都市文化史)を取る人は
春休み中に柳田国男『遠野物語』を読んでおく事。
また、4月までに吉本隆明『共同幻想論』を購入しておくこと。
 

2月9日保津川に十二連(全長約50メートル)のいかだが蘇ります。
保津川筏復活プロジェクト
共同研究「保津川の筏下り技術の記録と再現―亀岡と京都をつなぐ自然・文化・経済の回廊の再興ー」の一環として行なわれます。

大雪のため2月16日に延期になりましたが、見事十二連いかだが保津川に浮かびました。
これでも全部写っていない!

たくさんの年賀状ありがとうございました。
大賞は3回生村田さんでした。
2014年1月18日(土)13時〜17時
H22教室
第一部 講演会 小松和彦特別招聘客員教授による歴史と民俗に関する講演

第二部 特別ゼミナール
発表
1回生 中山
2回生 疋田
3回生 長坂
4回生 金子
 院生 中村

1、2回生    発表15分、コメント5分
3、4回生、院生 発表20分、コメント10分
2月3日11時から開始の卒論口頭試問予定です。順番が繰り上がることもあるので早めに共同研究室に来ていて下さい。一人30分検討で質疑応答しますので、書いたことに責任を持って答えるように。
*主査、副査二人の教員で試問します。副査の先生用のコピーは22日昼までに必ず用意すること。

第1教室→山崎→福地→横部→松井→仲→岡崎→石塚→吉田
第2教室→五十里→金子→斎藤→佐野→藤間 



卒論提出締切日 2014年1月8日(水)16時30分 教学支援センター
指定の表紙をつけて2部提出のこと(1部は共同研究室)
詳しくはこちら
2013年12月4日、11日 朋文館22教室にて

神話的空間の都市プランニング 中村
中日の婚礼茶俗とその役割に関する比較研究 楊
鎌倉時代の日宋貿易 鈴木

近世怪談文学の人文主義地理学的解釈 『西播怪談実記』を中心に 小松
観光地理学とコンテンツツーリズム 松尾
中世若狭国多烏浦を中心とした漁村の研究 下田

怪異・心中・葬送の景観ー近世大坂・京都・江戸の人々の景観認識 萩原
バブル期に派手なファッションとなったヴェルサーチ 古田
学生諸君!朋文館共同研究室、歴史民俗学専攻宛に年賀状を出そう!
社会人になると会社の上司や先輩にも年賀状を出さなくては失礼になります。
しゃれた年賀状を作って出す習慣をつけましょう。歴民らしくお雑煮の写真とかのお国自慢ものとか。最優秀ハガキの作成者は新年会タダの特典が!!
2013年12月11日(水)朋文館22教室にて発表

  1. 富山売薬商人 薩摩組の差留と抜荷 村田
  2. 災害と伝承 越後地方の災害伝承に関する環境知覚研究 樋口
  3. 民間伝承と行事由来 岡田
  4. 都市伝説「杉沢村伝説」とその領域について 米津
  5. 隠れた名将「蒲生氏郷」柴沼
  6. 地の神様について 長坂
  7. ロリコンの一貫する関連性 山口
  8. 裏切りの男女差、傾向差について 河口
  9. 遊びと仕事 佐藤
  10. 環境心理と絵画 柳澤
  11. 面浮立と沖ノ島信仰の関連性について 田中丸
  12. 大坂城から見る築城と石垣 石田
  13. 様態論はなぜ異端なのか 仲野
  14. オスカー・ワイルドについて 濱田
12月4日(水)朋文館22教室にて発表

  1. 江戸期の浮世絵春画をとりまく文化 横部
  2. 日本経済とアイドル文化の関係性からみるローカルアイドルの可能性 岡崎
  3. カチナドールの変遷 金子
  4. 異性装の心性ー異性装を可能とさせる文化 石塚
  5. 立山の地獄と曼荼羅の歴史地理学的研究 仲
  6. 摂津・播磨地域の鬼やらいについて 山崎
  7. 制度と意識に見る血縁観念 齊藤
  8. 幕末・維新期における尾張藩の「勤王誘引」活動 松井
  9. 生理用品の変遷とそれに伴って変化する身体感覚 佐野
  10. 百貨店に見る女性店員の制服と職場環境の変遷について 五十里
  11. 幕末の会津藩について 福地
  12. 江戸時代における「ホリモノ」について 藤間
  13. ゴジラの破壊からわかること 村上
(1)佐々木高弘『京都妖界案内』(だいわ文庫)大和書房、ISBN:978-4479303886
(2)「日本の歴史」全25巻から好きな1冊を選んで、(講談社学術文庫)講談社
(3)谷川健一『日本の神々』岩波新書、ISBN-13: 978-4-00-430618-4
このうち一冊を選んで読後レポートを書いて下さい。
詳しくはこちら

12月8日(日)14時~17時30分(開場13時30分)
会場 神戸女子大学教育センター(三宮キャンパス)5階特別講義室
テーマ 「朝鮮学校と日本社会 韓国人研究者の民俗誌を通して」
  詳しくは画像をクリックしてください。       
京都新聞の報道
亀岡のお祭歳時記に歴民生が「亀岡祭り」その他のレポートを掲載しています。
是非ご覧下さい。
大雨の中の帰宅おつかれさま。
 
ケーブルテレビ若狭小浜、福井新聞の取材を受けました。
福井新聞の記事はこちら
石川県加賀市から7年間のフィールドワークの民俗調査報告書『かが風土記』が刊行されました。
詳しくはこちら目次
佐々木・堀田先生、大阪観光大学の橘弘文先生、監修は小松和彦先生です。

55074c56.jpeg評判はこちら
9月2日(月)16時までに集合。
学生専用のバスが16時11分に出ます。路線バスでなくそちらに必ず乗る事。
福井県小浜市阿納 民宿ひろた
0770-54-3045
また、この日、11時~15時30分、小浜市立図書館会議室に鍛冶先生が居られます。
古文書を見る事ができるので、是非訪れて下さい。
9月3日(火)午前 発表会
昼過ぎ解散
12時42分阿納発専用バス。小浜駅行き。
e4f6c34e.jpg
東京堂出版から『日本怪異妖怪大事典』が出されました。
小松和彦先生が監修され、佐々木先生も執筆されています。
詳しくはこちら
BOOK005S.GIF
1.若狭の山伏    修験道の調査。山伏から聞き取り。
2.機織池       昨年の高浜町に引き続き、越前での調査。
3.雨乞鐘       高浜町佐伎治神社につたわる朝鮮から渡来した鐘。
4.若狭の和紙    実際に若狭和紙の家で紙漉き体験。
5.安倍晴明と雨乞 『陰陽師』岡野玲子に沿って、天徳寺、鵜ノ瀬、貴船、神泉苑調査。
6.八百比丘尼    空印寺聞き取り。伝承の地図化をする。
7.ひとこと地蔵   高浜町和田。小浜や三方などの一言主神社も調査。
8.甚兵衛観音    小浜市太良庄、正林庵。四度も盗難にあい、その都度無事に戻る。
9.天狗の爪     小浜市羽賀寺。碁盤に残された天狗の爪跡。
10.小浜城      酒井家墓地、酒井家文庫なども小浜市内に残っている。
1回生は、2回生の設定した班に属して調査を学びます。独自のテーマでやる場合は計画書を提出すること。
e4f6c34e.jpg


忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カウンター
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
歴民ブログ
性別:
非公開
自己紹介:
京都学園大学
人間文化学部
歴史民俗学専攻の活動の模様をお伝えします。
受験生、在学生のご家族の方、関係者の皆様にも楽しんでいただければ幸いです。