忍者ブログ
京都学園大学人文学部歴史文化学科民俗学コース
[1] [2] [3]
4月20日 滝澤、中田、谷津
     27日 光永、老後、守山
5月11日 樺澤、趙、滋野
      18日 村瀬、小柳、川崎
6月1日     勝谷、山崎、西澤
  8日 平岡、柳、滝澤
     15日 中田、谷津、光永
   22日 老後、守山、樺澤
   29日 滋野、趙、村瀬
7月6日   小柳、川崎、勝谷
      13日 山崎、西澤、平岡、柳
  20日
  27日    中間発表
PR
1月20日 朋文館H22教室 午後H32教室に変更の予定

11時10分 北川 制服の普及過程
11時30分 阿部 郷愁の現象学的研究
11時50分 竿田 釜ヶ崎の役割とその変容
12時10分 奥田 秀吉像の変遷

15時00分 富士原 『稲生物怪録』について
15時20分 野村 部落の負のイメージ
15時40分 石井 日出づる国の服はぬ星神
16時00分 柴田 酒について
16時20分 後藤 神話・昔話の心の中の景観研究
16時40分 岡本 死と性
17時00分 齋藤 風刺について
17時20分 岩田 日本における世界樹伝承の文化地理学的研究
17時40分 瀬底 沖縄の宗教について

1月27日 朋文館H22教室 午後H32教室に変更の予定

11時10分 中山 ネット怪異に見る都市民の民俗的世界観
11時30分 平山 武道家とスポーツ選手の違い
11時50分 宮崎 神社の統廃合の人文地理学的研究
12時10分 池田 様々な時代から恋愛文学を見る

15時00分 岸本 葛葉狐について
15時20分 仲西 城について
15時40分 磯田 河童伝承の地域性
16時00分 宮本 江戸時代の不義密通
16時20分 段田 現代に残る市の空間認識
16時40分 西本 妖怪と場所の文化地理学的研究
17時00分 田邊 ヒップホップ文化の浸透と理解
17時20分 黒川 長者伝説と神社仏閣
12月2日 朋文館H22教室

11時10分  栗村 金沢城下町の空間認識 『咄随筆』『続咄随筆』を通して
11時40分  井口 近代京都における観光地の歴史地理学的研究
12時10分  松尾 創作された聖地と物語りの共有
12時40分~13時30分 昼休憩
13時20分  門脇 文献と絵画にみえる蝦夷観とその変遷
13時50分  疋田 近代日本における軍歌〈抜刀隊〉の役割と各種メディアの動きについて
14時20分  長谷川 近世京都の魚食文化
14時50分  伊東 荒牧藤助と七面山妙厳寺の成立について
15時20分  廣田 幕末井伊家と公家の関係について
15時50分  竹添 広島県尾道市因島の葬送儀礼と他地域の葬儀との比較
16時20分  堀田 花嫁のれんと親族関係について
16時50分  平原 心霊映像における表現の変遷
17時20分  喜屋武 滋賀県の巨人神話と地形
17時50分  杉浦 伝承に語られた諸要素の関係
18時20分  塚本 グリム童話考

12月9日 朋文館H22教室

11時10分  井上 斎宮の役割と内面に関する考察
11時40分  森谷 昔話における雪女
12時10分  圖司 日本における三国志人物像の受容と変遷
12時40分~13時20分 昼休憩
13時20分  松岡 外国におけるニンジャ
13時50分  小畑 丹波の開拓伝承についての歴史地理学的研究
14時20分  竹内 愛知県三河地方における弓術の伝承とその発展
14時50分  米山 神話と祭礼の文化地理学的研究
15時20分  朱ジヘン 生活文化としての南部鉄器
15時50分  田中丸
16時20分  小幡 八犬伝の構造分析
16時50分  田中 京都府舞鶴市の蛇切岩伝説の歴史地理学的研究
17時20分  奥田 日中戦争から太平洋戦争下における民衆の戦争に対する認識の変遷
17時50分  西見 絵画による妖怪研究―江馬務と吉川観方を中心に
18時20分  矢野 鮫の伝承

一部は仮題です。発表者は準備を整えた上で、余裕を持って会場への到着をお願いします。
専門演習IA発表順です。不備があるので、途中で追加があるかも知れません。
4月8日  黒川 仲西 瀬底 岡本
4月15日 西本 宮本 段田
4月22日 中山 石井 斎藤
5月13日 岩田 北川 平山 冨士原
5月20日 磯田 奥田 田辺 岸本
5月27日 後藤 池田 竿田 阿部
6月3日  宮崎 野村 柴田 岡本
6月10日 黒川 仲西 平山 岸本
6月17日 西本 宮本 田辺 冨士原
6月24日 石井 斎藤 竿田 瀬底
7月1日  岩田 北川 野村 舟木
7月8日  宮崎 磯田 奥田 柴田
7月15日 中山 後藤 池田 阿部 段田

春学期に必ず2回発表して下さい。他の人の発表とコメントをしっかり聞いて下さい。
タイムキーパー、パソコン設営など進んで運営に協力して下さい。
学生 
002         S        K
003         S        T
004         S        T
005         K        S
006         H        T
007         K        S
008         T        S
009         K        S
010         K        S
011         S        K
012         H        T
013         H        K
014         T        H
015         H        K
016         H        K
017         S        T        H
018         S        H
019         T        S
020         K        S
601         T        K
602         T        S
               1         2         3

4月1日に掲示板に貼り出しますが、ネットでは略式表示です。1が担任という形式ですが、1,2,3とも学生にとっては特に区別の必要はありません。1,2,3は教員クラスを表す記号です。1は登録されますが、2,3は自分で履修登録して下さい。Hを取った人、1,2,3に関わらず、始まるまでに柳田国男『遠野物語』を読んでおき、始まれば吉本隆明『共同幻想論』を持参して参加して下さい。

たくさんの年賀状ありがとうございました。
大賞は3回生村田さんでした。
2月3日11時から開始の卒論口頭試問予定です。順番が繰り上がることもあるので早めに共同研究室に来ていて下さい。一人30分検討で質疑応答しますので、書いたことに責任を持って答えるように。
*主査、副査二人の教員で試問します。副査の先生用のコピーは22日昼までに必ず用意すること。

第1教室→山崎→福地→横部→松井→仲→岡崎→石塚→吉田
第2教室→五十里→金子→斎藤→佐野→藤間 



2013年12月4日、11日 朋文館22教室にて

神話的空間の都市プランニング 中村
中日の婚礼茶俗とその役割に関する比較研究 楊
鎌倉時代の日宋貿易 鈴木

近世怪談文学の人文主義地理学的解釈 『西播怪談実記』を中心に 小松
観光地理学とコンテンツツーリズム 松尾
中世若狭国多烏浦を中心とした漁村の研究 下田

怪異・心中・葬送の景観ー近世大坂・京都・江戸の人々の景観認識 萩原
バブル期に派手なファッションとなったヴェルサーチ 古田
2013年12月11日(水)朋文館22教室にて発表

  1. 富山売薬商人 薩摩組の差留と抜荷 村田
  2. 災害と伝承 越後地方の災害伝承に関する環境知覚研究 樋口
  3. 民間伝承と行事由来 岡田
  4. 都市伝説「杉沢村伝説」とその領域について 米津
  5. 隠れた名将「蒲生氏郷」柴沼
  6. 地の神様について 長坂
  7. ロリコンの一貫する関連性 山口
  8. 裏切りの男女差、傾向差について 河口
  9. 遊びと仕事 佐藤
  10. 環境心理と絵画 柳澤
  11. 面浮立と沖ノ島信仰の関連性について 田中丸
  12. 大坂城から見る築城と石垣 石田
  13. 様態論はなぜ異端なのか 仲野
  14. オスカー・ワイルドについて 濱田
12月4日(水)朋文館22教室にて発表

  1. 江戸期の浮世絵春画をとりまく文化 横部
  2. 日本経済とアイドル文化の関係性からみるローカルアイドルの可能性 岡崎
  3. カチナドールの変遷 金子
  4. 異性装の心性ー異性装を可能とさせる文化 石塚
  5. 立山の地獄と曼荼羅の歴史地理学的研究 仲
  6. 摂津・播磨地域の鬼やらいについて 山崎
  7. 制度と意識に見る血縁観念 齊藤
  8. 幕末・維新期における尾張藩の「勤王誘引」活動 松井
  9. 生理用品の変遷とそれに伴って変化する身体感覚 佐野
  10. 百貨店に見る女性店員の制服と職場環境の変遷について 五十里
  11. 幕末の会津藩について 福地
  12. 江戸時代における「ホリモノ」について 藤間
  13. ゴジラの破壊からわかること 村上
4月の新入生は、最終的には入学式までわかりませんが、現時点でのデータによる出身地地図を作ってみました。
870a9d22.jpeg
今年は中国地方全制覇のようです。あいかわらず、沖縄から北海道までです。北関東も強い。越の国勢、中部勢もかわらず。東北も来てくれるのがうれしい。センター、一般入試での入学者が地域の多様性をもたらしてくれました。成績もよさそうです。
 ようこそ歴民へ!!
保津川筏復活プロジェクト2012「いかだにのってみよう!」
9月15日(土)13時~16時
保津川下り乗船場向かいの河川敷
 いかだの試し乗り、歴史のパネル展示など
9月16日(日)10時~16時半
シンポジウム「ちいきの大切なものってなんだろう?」
歴民の下田、藤間も発表!!
ワークショップ「桂川(保津川)流域の、アジアの地域づくり」
詳しくはこちら
今年の東京シンポジウムは11月11日、『妖怪文化研究と教育』(仮)の予定です。
河合塾が6月の全国模試をもとに入試難易ランキングを発表しました。
歴民は一般入試で37.5。
センター利用入試で、全10ページ中、7ページ目、センターBがボーダー回答率60%、8ページ目、センターAがボーダー回答率51%というところです。
歴史民俗学専攻は「北海道から沖縄まで」全国の出身者が集まってきます。
52bcee17.jpeg
緑が新入生、黄色が在学生の出身県です。一部誤りや未定の部分がありますので、4月1日入学式まで確定しませんが。目指せ!全国制覇です。
学生の交流関係もお互い大変刺激になるようです。お楽しみに。
2012年3月27日9時30分、H22にて成績配布(キャリアアップ指導)です。
2012年度のオープンキャンパス予定です。全部参加するかは未定ですが、ここで発表することによって、学生諸君のプレゼンテーション能力が大変向上することは請け合いです。
5月27日、6月17日、7月15日、8月4日、8月5日、8月26日、9月16日、10月7日、11月4日
テーマも未定です。
11月30日中間発表会での題目です。

片山「亀岡における鍛冶文化の継承」
仲宗根「耳切坊主と背景としての那覇」
谷山「千本えんま堂狂言の劇空間内のコミュニケーション」
西野「『一遍聖絵』に描かれる一遍時宗と『集団』〜描写を補う文献史料記述の存在〜」
佐藤「神剣の持つ象徴の概念と物語的自我による偶像化ー草薙剣の神聖性と呪術性ー」
浦本「竹田からくり〜繁栄と没落〜」
松尾「仮想空間の怪異観〜夕闇通り探検隊を事例に〜」
岡田「葬送儀礼ー様々な葬法」
薮内「宝塚歌劇の舞台内容と社会現象」
下田「源平合戦と平忠度」
吉村「風景画からみた宗教」
小松「物語から見る共同体意識ー『みなづき様』伝説を事例にー」
佐藤「現代の子供の遊びと境界」
河村「祭礼と穢れの関係性」
寶井「旧藤田村と陰陽道」
勝山「豊臣政権での宇喜多秀家の政治的位置」
森本「塚を作る日本人の心性〜動物観・自然観を軸に〜
藤本「連続的芸術とコマについて」
黒澤「都市とネットコミュニティと宗教」
辻「ゴシック系ファッションの世界観」
河野「景観の分析〜嵐山・渡月橋」
宮下「ミシャグジと石神について」
2.石原 明石の怪異伝説と都市のイメージ
5.井口 庶民の着物柄の好みの変化ー近世の浮世絵、祭礼衣装を使って
6.上野 ナチス映画とドイツ
7.梅本 仮面とプリミティヴィズム
11.小泉 川中島の合戦に関する記述の比較研究
12.小柳 筑後川の河童伝承と洪水神話
13.小山 太田牛一著『信長記』諸本の比較研究
16.鈴木 平氏政権と大輪田泊
17.高橋 漂う『おばけ』のイメージー記号化された『おばけ』を巡って
19.田路 口裂け女ー民俗学と心理学の間
21.中村 交野の民間伝承の歴史地理学的研究
22.西  高校野球と野球マンガ
23.西崎 熊送り儀礼にみるアイヌの世界観
24.萩原 江戸時代後期の外様中藩 藩士の世界
27.福尾 自由民権運動における近畿地方での展開
28.古田 川久保玲による服の可能性
30.松島 仁徳天皇と淀川
31.峯地 日本サッカーの起源と歴史について
34.宮宅 利他的な世間話の分析
36.谷津倉 昔話に見る脱皮型神話


絵巻―大江山酒吞童子・芦引絵の世界―展が逸翁美術館で12月4日まで開かれています。
詳しくはこちら
現在3回生が卒論テーマにしようとしているものを全体発表のレジメから収録します。

からくり人形の研究
葬送儀礼の地域文化
亀岡における野鍛冶の歴史・推移からみる伝統技術の継承
水戸天狗党 謎多き宇喜多氏と宇喜多秀家
祭礼と穢れの関係性
日本人の宗教とネットコミュニティ ネットコミュニティと世論
共同体・家族・個人 言説からみた共同体―『口丹波口碑集』を中心に―
家の境界と子供について
宝剣と日本宗教
院政と平氏政権 院政の開始
能と音
旧藤田村と陰陽道
昔話の中の女性像 演劇空間の共通認識~千本ゑんま堂狂言~
ゴシックファッション
日本と韓国のネットゲーム事情
一遍が与えた社会的影響とは? 一遍の賦算行為とその後のお札
妖怪マンガ
メディアと通して見る現代の異界
ミシャクジ神と諏訪大社
捕鯨問題を通してみる動物観の違い
宝塚歌劇100周年に向けて 宝塚歌劇の比較
枯山水庭園を取り込んだ寺と家に見られる差 景観が人間に与える影響―日本の風景より―
『耳切り坊主』の背景としての那覇
宗教からみた人と自然の関係 宗教と芸術

2回通したテーマもあれば悩んで転換しているものも…
pen.jpg

河合塾発表の難易度。
一般入試は11枚中10枚で残念。こちら
センター利用は10枚中7枚でまだ踏みとどまっている。こちら
332166bc.jpg
4月1日に加賀市の大土、荒谷、今立、杉水町の各一部が伝統的建造物群保存地区に指定されました。
こちら

いよいよ丹波学トークで『京都丹波妖怪文化論』が始まります。
こちら
第1回は6月18日(土)。佐々木先生の『妖怪文化入門』です。
今年も入学前教育で提出されたレポートで優れたものを公表します。
歴民ポータルサイトのカテゴリー「学生たちこんなことしてます!」に掲載されています。こちら。
新入生も上級生もこれを読んで、自分より上だと感じたら、教員のコメントを参考に精進しましょう。
332166bc.jpg



忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
最新記事
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
歴民ブログ
性別:
非公開
自己紹介:
京都学園大学
人間文化学部
歴史民俗学専攻の活動の模様をお伝えします。
受験生、在学生のご家族の方、関係者の皆様にも楽しんでいただければ幸いです。