忍者ブログ
京都学園大学人文学部歴史文化学科民俗学コース
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2月9日保津川に十二連(全長約50メートル)のいかだが蘇ります。
保津川筏復活プロジェクト
共同研究「保津川の筏下り技術の記録と再現―亀岡と京都をつなぐ自然・文化・経済の回廊の再興ー」の一環として行なわれます。

大雪のため2月16日に延期になりましたが、見事十二連いかだが保津川に浮かびました。
これでも全部写っていない!
PR
5月19日まで、西宮市大谷記念美術館にて(水曜日休み)

~~若冲・応挙・芦雪からタイガースまで、トラ大集合!~~
 現在、プロ野球球阪神タイガースの本拠地として、また春・夏の全国高校野球選手権大会の会場として、広く全国に知られている甲子園球場が西宮の地に誕生したのは今から約90年前の1924(大正13)年です。
 阪神電気鉄道は武庫川の支流であった枝川と申川を廃川とし河川敷跡を購入、大運動場が開設しました。この年の干支が「甲子」であったため、その一帯は「甲子園」と呼ばれ、野球場は「甲子園球場」と名付けられました。
 写真や当時のグラフィック資料など約150点を通して甲子園の歴史を振り返るとともに、甲子園をホームグラウンドとする阪神タイガースにちなみ「虎」に関する作品に焦点を当てた展覧会を開催いたします。

応挙の幻の虎が展示される!! 詳しくはこちら
北村皆雄先生監督の映画「ほかいびと」が、6月30日から大阪のシネ・ヌゥヴォーで始まります。6月30日には北村先生によるミニトークがあります。北村先生にご指導頂いた上回生の皆さん、そして今年受講予定の2.3回生の皆さん、会場に花束を持って駆けつけましょう。詳しくはこちら
2回生は卒業研究計画書を12月23日までに提出して下さい。
様式ダウンロードはこちら
歴史民俗学専攻では3回生になるに当たって卒研計画書を提出します。
3回生の発表の中で検討され、必ずしもこれで卒論を書けるわけではありませんが、とりあえずの目標としてここに掲げます。ここに出ていなくても提出している方もありますが、適時追加します。

浦本 からくり人形の研究
岡田 地域葬送儀礼の違いと分布
片山 閉鎖社会における民話の採集とその心性について
勝山 宇喜多秀家夫婦、岡田以蔵
河村 「穢れ」と祭祀における関係性
黒澤 宗教、共同体、ネットコミュニティ
小松 日本における「個人化した社会」の形成とその原因
佐藤(女) 境界線と人々
佐藤(男) 三種の神器・草薙剣の呪物伝承について
鈴木 ことばにおける音と能のうた
寶井 旧藤田村と陰陽道
谷山 日本人の異性観
辻  イザナギ流が残る理由と変化
西野 勧進聖として見た捨聖「一遍」
藤本 マンガ・ゲームなどから見る現代人の持つ妖怪のイメージ
松尾 メディアを通して見る現代の異界
宮下 ミシャグジ神とその信仰の多様性について
森本 捕鯨問題から見る鯨の価値観の違い
薮内 宝塚歌劇にみられる舞台内容の変化と社会背景
河野 家の存在意義
仲宗根 「耳切り坊主」の背景としての那覇
吉村 人間は自然をどのように捉えてきたか


『聖城怪談録』第19話 桑の木に髪をふり乱した老婆がおり、犬が喉笛に喰らいついたら、狒々であった。
3199ae99.jpg
日谷はひのやと読む。

8月1日は京町屋キャンパスと本学キャンパスで歴史民俗学専攻はオープンキャンパスを行います。
どちらへ来ていただいてもOKですが、おすすめは京町屋です。
8月2日は本学のみです。
詳しくはこちら
大学の広報はこちら
9497438c.jpeg
堀田先生が監修した岐阜各務原児童合唱団のミュージカル公演が記事になりました。
こちら。岐阜新聞にも掲載されました。
newspaper.jpg


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
最新記事
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
歴民ブログ
性別:
非公開
自己紹介:
京都学園大学
人間文化学部
歴史民俗学専攻の活動の模様をお伝えします。
受験生、在学生のご家族の方、関係者の皆様にも楽しんでいただければ幸いです。