忍者ブログ
京都学園大学人文学部歴史文化学科民俗学コース
[1] [2]
    
妖怪の事を調べに、公文国際学園中等部の25名の生徒たちが訪れて、民俗学コースの学生たちと意見を交わしました。以下があらかじめ用意してこられたテーマでした。あなたでしたら、どう答えますか?
1.昔と現代のそれぞれにおける妖怪の存在意義
2.時代の流れによる妖怪の変化について
3.妖怪と地域の文化の関係性
4.妖怪の概念
PR

2015/08/07 に公開
2015/09/09 に公開

京都学園大学・歴史民俗研究会 

webラジオ「怪民談義」が遂に映像に登場。



堀田教授、佐々木教授、そして香川雅信妖怪博士、飯倉義之先生、松波幸雄先生と豪華執筆陣で妖怪ウォッチ特集が出ました!!


日時:
2014127日(日) 133017301300より受付)

場所:神戸女子大学教育センター 5階特別講義室 (JR三ノ宮駅/阪神・阪急三宮駅から徒歩10分程度)

発表1:「「妖怪名彙」の成立過程から妖怪を読み直す」化野燐(作家)

発表2:「柳田國男の妖怪研究と『妖怪談義』」香川雅信(兵庫県立歴史博物館)

コメント:小松和彦(国立国際日本文化研究センター所長)

司会:飯倉義之(國學院大學)

『かが風土記』調査地、大聖寺で「大聖寺怪談会」が開かれます。
7月26日、歴史民俗学専攻勢参加。

佐々木先生の講演の動画はこちら
石川県加賀市から7年間のフィールドワークの民俗調査報告書『かが風土記』が刊行されました。
詳しくはこちら目次
佐々木・堀田先生、大阪観光大学の橘弘文先生、監修は小松和彦先生です。

55074c56.jpeg評判はこちら
2012年11月11日(日)13時開場~17時30分
目白ファッション&アートカレッジ(JR山手線目白駅徒歩3分)
妖怪文化の教育を受けた学生がとう語るか?
特別招聘客員教授 小松和彦(国際日本文化研究センター所長)
参加申し込みなど詳しくはこちら

NHKラジオ深夜便で小松和彦先生の「今も生きる妖怪」が聞けます。
ストリーミングで。9月10日までですので、お聴き逃しなく!
こちら
SND034B.jpg
おかげさまで6月16日「怪談&トーク」盛況でした。詳しくはこちら
佐々木先生が『京都妖界案内』を出版されました。
詳しくはこちら
古地図、写真、図絵が豊富に使われていてたいへん楽しい本です。
京都丹波妖怪文化論(2)
飯倉義之先生「マンガに描かれた妖怪たち」
ガレリアかめおか、13時30分~
詳しくはこちら
10月2日ガレリアかめおかにて、本学特別招聘客員教授小松和彦先生と小説家京極夏彦さんの講演と対談「水木しげると妖怪文化」があります。当日正午から入場整理券が配られ、13時半から開始です。
学部ニュースはこちら
定員800名です。場合によっては動員アリ。
『妖怪学の基礎知識』出版されました。小松和彦先生編著。佐々木先生、飯倉先生も執筆されています。
BOOK005S.GIF

丹波トークに妖怪を、という相談があった。23,24年度で毎年3回程度。国民文化祭参加
さあ、学生諸君、ガンバロー!

緑台高校の生徒さん達が感想を送ってくれました。
こちら


『聖城怪談録』に書かれた妖怪出現場所を、古地図と住宅地図を手に訪ねました。
大聖寺調査団の面々です。
203b96ec.JPG   b7eff6b6.JPG   
妖怪・怪異を研究したい場合、一つの方法は「語られた」妖怪を集めることだ。
学生の一人が始めている。こちら
学生が怖い話を書いています。
こちら
話題の京友禅お化け屋敷も阪急西院駅だから、京町屋キャンパスのある阪急烏丸駅から大宮の次です。
お化け屋敷。こちら
もっとも京都中、オープンキャンパスですからね。あちこち見て下さい。
報道。こちら
8月1日、京都学園大学歴史民俗学専攻は京町屋キャンパスでオープンキャンパスをやっています。
歴民オリジナルの妖怪団扇、カンバッジ等でお待ちしています。
詳しくはこちら
8月2日は本学のみになります。
2008opencampus.jpgつちのこに関してはこちら
特別招聘客員教授、小松和彦先生と、妖怪文化論担当の佐々木・堀田先生そして学生たちとの座談会が掲載されました。
こちら
74a9f526.gifCopyright :Hiromi,Sakamoto

佐々木先生が妖怪文化論Aの成果をもとに本を出されました。
「怪異の風景学」
BOOK005S.GIF
またまた、学生の作った妖怪ゲーム。
丑年にちなんだのは
こちら


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
最新記事
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
歴民ブログ
性別:
非公開
自己紹介:
京都学園大学
人間文化学部
歴史民俗学専攻の活動の模様をお伝えします。
受験生、在学生のご家族の方、関係者の皆様にも楽しんでいただければ幸いです。