忍者ブログ
京都学園大学人文学部歴史文化学科民俗学コース
[1] [2] [3] [4]
03edc36d.jpeg
聖隣寺で見たダルマです。
たぶん厄除けに使われていたと思うのだけど、すごく怖くてインパクトがありました。
厄除けにしてもなぜダルマなのかと気になったのでこれを選びました。
PR
b8429a9c.jpeg
外堀の用水路が今でも洗い場として使用されていることに感動しました。
今は野菜洗い場ですが、江戸時代は馬見所があったので、馬も洗われていたそうです。
外堀は城を守るだけの役割だと思っていたが、洗い場のように他の用途にも使われていたということに気付かされました。
今では子どもたちが遊んでいましたが、江戸時代はどんな人が何をしていたのか気になります。
c631995f.jpeg
これは称名寺の塀の所にあったものです。
網がかかっていて羽の生えた生き物のように見えます。
よくわからなかったのですが、気になったので選びました。
(鯱瓦というものとの声)
a23dba75.jpeg
興味を持ったのは丹波亀山城跡の石垣上にあるイチョウです。
このイチョウは明智光秀公が手植えをしたと伝えられる、長い歴史を持つイチョウです。
また、江戸中期には台風で倒れたそうですが、その後を継いだ生命力のあるイチョウともいわれています。
そういった昔から受け継がれたものを知りたいと思いました。
5e70c3ce.jpeg
亀山城跡で往時の石垣を見た時、昔の人々のすごさを感じていた。
たぶん昔の人も、同じ石垣のすごらを感じていたかなぁ。私はそう思います。
97aae909.jpeg
天満宮で休憩している時に撮りました。
綺麗に石が敷かれているのと桜の花びらが散っていて絵になる感じが気に入って撮りました。
いつの時代に作られたものか気になります。
60a47252.jpeg
光忠寺は松平家歴代藩主の墓碑が祀られている場所です。徳川家康の忍耐の精神を思い出します。
これからの大学生活、いろいろな困難があるかもしれませんが、徳川家康の精神を思うときっと克服できる。
そしてきっと天下を取れる。
shibanuma.jpg
こんな形の松見たことなかったので。







kawaguchi.jpg
亀岡祭にだされる山鉾。鉾倉しか見られなかったので、亀岡祭が楽しみです。









ikeda.jpg
鍛冶屋 思い通りに作るのが難しそうだったけど、自分で造ったらすごい愛着がわきそうだと思いました!




murata.jpg

火の勢いを調節するスイッチがなかった頃はどのようにしていたのか想像できないので、また自分で調べてみようと思いました。すごく興味があった鍛冶屋さんを生で見ることができて良かったです。


sasaki.jpg

狛犬と同視点で

okada.jpg
古世地蔵堂 鵺退治伝説で有名な源頼政の守本尊を祀っている。









tsukamoto.jpg

天満宮の様子 狛犬なのか稲荷なのか?








tanakamaru.jpg

菅原道真が祭られている天満宮に、石で出来た亀の絵馬が奉納されていました。何故、亀の絵馬を奉納してあったのかがわからなかったので、今後調べてみたいと思いました。







tokunaga.jpg


馬 何の関係が?
satoh.jpg
屋根が錐になっている社をあまり見たことが無かったから気になりました。また、宝珠の形が桃に見えて厄除けの意味合いがあるかなと思いました。








jinchi.JPG

桃の瓦が何故か灯籠の中に設置されていて気になった。








ishida.jpg


「素朴ありのまま」自然の石の形をそのままうまく利用しているところに興味を持ちました。







nagasaka.jpg

鬼子母神の神様を祀っているお堂の前にあった常夜燈の中に桃の瓦がありました。








mochiduki.jpg

写真のタイトルは「亀岡の屋根」です。 亀岡に来てからよく見かけるタイプの甍葺きの屋根ですが、この、二本並んだ小さな筋瓦がとても特徴的だと思いました。

hamada.jpg亀山城石垣 誰が残した印なのか気になります。







kakumura.jpg
昔は、高い石垣で敵の侵入を防ぎ、防御を高くしていたことがわかった気がするでもその気になれば自分でも登れると思う。ちょっと複雑…








yanagisawa.jpg
今でも残っている堀









yonetsu.jpg
3重になっているお堀の一番外側

sueyoshi.jpg                      higuchi.jpg「聖隣寺」福耳の人?神様?
                               
達磨の顔が印象的で、思わず撮ってしまいました。

nakano.jpg                             yamaguchi.jpg寺の前にあった何かわからないので撮りました
ダルマっぽいの向かいに曹洞宗ってあったので達磨かなと思いました

4月9日の新入生城下町フィールドワークです。




7fc79183.JPG血だらけの武者が
夜になると
歩きまわると噂されて
ここも武者が
よじ登っていたのでは



f327e7a5.JPG  4e7e09f2.JPG
獅子の首が欠けている
故意なのだろうか

八幡山の鉾蔵
あまりの大きさにびっくり


28ad1998.jpg道具をまたいではいけない。
カンだけでなく農具も作っている。
鍛冶屋さんはすごい。






77a3a92f.jpgとりあえず暑い!
自分がやると全然うまくいかない。
帰り町中なのにきれいな水が
流れている所を通った。





9f26625b.JPG円通寺対角の煙突
これが何に使われているのか見当がつかない
今度調べてみよう






c8c2d5fb.JPG亀岡祭の手伝いをさせてもらえること
期待は高まるが不安でもある
貴重な体験を自分のものにしたい
cdf91f3d.JPG  547bc22d.JPG
亀山城跡の井戸          歴史を感じさせる石垣
今なお当時の様子を残している 亀山城跡
673b0d20.jpg  8fcce6ad.JPG
つくも神になったら         京町天満宮
どんな歌を歌うんだろう?     馬と牛の絵がかざってある
3f82cdaf.JPG    005aa8b8.JPG
ダイナマイト数百発を用いても     首なし地蔵の近くの石像
取り除けなかった亀山城        この体のバランスにどんな意味が?
昔の建築技術は高かった!
c1dc5282.JPG   fc3feecb.JPG
京町天満宮、菅原道真が      鉾蔵がなつかしい
祀られているのに興味あり      山笠蔵の近くに住んでいた事がある        
dbfe84d1.JPG          28e1eb17.JPG    
御土居が残っているのがすごい。          これは誰?
また亀岡について                                    わかってよかった。
フィールドワークしたい。

50d905f6.JPG
宗教弾圧としての仏像の「首切り」。背景にあるものが興味深い。
今年も新入生たちが4月10日土曜日第1回のフィールドワークに出かけました。
46d072e8.jpg
今年は大本さんの協力で、亀山城跡まで入りました。


50195dea.JPG     0068cde5.JPG
自分の地元にある信仰の形や文化との違いを、肌で感じることができました。一言に日本文化と称しても、土地が変わればこんなにも違いがあるのか、と再認識すると共に、フィールドワークの重要性と楽しさを知りました。:まー
26832612.JPG
大学初めてのフィールドワークおもしろかったです。先生方、博物館の方ありがとうございました。:スポンジ
町の中にある、今までだったら素通りしてしまうようなごく普通のものの中に、一歩踏み込むと深い歴史や文化があることを実感しました。:くもはち
6580c6b4.JPG   65bbfa74.JPG


1a362d6e.JPG
他にもいろんな場所に出て調べたいと思いました。今回のフィールドワークはそれを実感致しました。

城下町が江戸時代からあまり変わらず残っていることに驚き、感動しました。「歩く」ことが「発見」に繋がるということを身をもって感じ、また個人的に散策していない場所を歩いてみたいと思います。:綾女
32b96111.JPG   e96c83a4.JPG

初めて集団でフィールドワークをおこなって緊張しました。写真の鯱鉾(と言ってい
た気がする)はかわいかったです。 あも~

9c90af0c.JPG     38cd7fb5.JPG
 この前の城下町フィールドワークでは、昔のお城の堀の跡や城下町の位置など自分の知らないことを知ることができました。また、撮った写真の発表ではあまりうまく自分の意思を伝えることができなっかたと思います。他の人の発表ように人前でうまく話せるように努力していきます。:ユウ

少し遠出をするだけで、町屋や旧い面影が残っていることに驚きました。時間を見つけて、個人的に行ってみたいと思います。:袋小路迷子
43855f07.JPG    6d415bfb.JPG
いろいろな場所を注意しながら歩くと、思っていた以上に発見があってとても楽しく感じました。もっと色々なものを発見出来るようになれれば良いと思いました。:らい

3660de15.JPG
実家の近くにも同じような場所があるんですけど使い方がわかりよかったと思います。また各地でいろいろ発見できたらうれしいです。カズ

地図や資料で見るだけでなく、実際にその場所に行って歩きながら見ることの楽しさを知れました。何気なく歩いているのにたくさんの発見ができてとても楽しかったです。:シナ
77a3372e.JPG    863b06b0.JPG 
私は防災用バケツを撮りました。実際売っているところを見た時は一体誰が使うのかと思いましたが、歩いてみるとなるほど木造の家は多いし、密集していました。その土地ごとの昔から続く生活というものを実感したし、これから自分が住む土地をもっと好きになることができました。よかったです。:みくみく

亀岡について詳しく知れたし四年間大学で学んで行く上でもっと詳しく調べていきたいと思いました。:ひこにゃん
6e9f3cd0.JPG          c8c9eda7.JPG
聖隣寺の土壁にある狭間を撮ったんですが、これは矢や鉄砲を放つために空けられた穴だそうで、こうやって小さく穴を造るところが昔の日本人らしいなぁと思いました!私も、小さく、細々してるのが好きなので、これを撮りました。:あらかわ
新入生諸君。4月12日亀岡城下町フィールドワークお疲れ様でした。
これから順番に写真をアップして行くので、各自コメントとハンドル(handle)をメールで教えて下さい。
hisfolk@ml.kyotogakuen.ac.jp(@は半角にして下さい)までお願いします。
今年も37名中35名が参加して、亀岡市文化資料館のお世話になり城下町フィールドワークを行いました。
DSCF0623.JPG
4月12日(日)13時、新1回生は亀岡市文化資料館に集合します。
場所はこちら
13時までに資料館の展示も見ておいて下さい。
お手伝いの2回生もともに、デジカメ、ノートパソコン、フィールドノートを持参して下さい。
このブログも昨年第1期生の城下町フィールドワークと共に開始されたのでした。
こちら
講義を受けてからゼミに分かれフィールドに出て、また資料館に戻ります。
地図


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 19 20
21 22 23 24 26 27
28 29 30 31
カウンター
最新記事
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
歴民ブログ
性別:
非公開
自己紹介:
京都学園大学
人間文化学部
歴史民俗学専攻の活動の模様をお伝えします。
受験生、在学生のご家族の方、関係者の皆様にも楽しんでいただければ幸いです。