忍者ブログ
京都学園大学人文学部歴史文化学科民俗学コース
[745] [744] [743] [742] [741] [740] [739] [738] [737] [736] [735]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

39d62c22.jpeg鉾に興味があったから           
三ツ鳥居に興味があったから
かごめ唄との関係
ギリシャとの関係







87e12fdf.jpeg私が心に残ったのは浦島山です。
浦島を祀っていることと、そこは火の見櫓だったことに驚きました。
また、なぜ浦島なのか、謎だったので調べてみたいと興味がわきました。
子どもが少ないために今は、女性も手伝えるということで
いつかお手伝いもしてみたいと思いました。






a03d05c7.jpegどのような経緯で縁結びの御神体になったのか
いつ頃からそう呼ばれるようになったのか気になったから。









c9b7ccb2.jpeg浦島山です。
広く一般的に知られる民話で、浦島太郎の話かな。
その主人公である、浦島太郎が御神体として祀られている事に驚き
何故浦島太郎が祀られているのか、女人禁制であった事に疑問を感じた。







f9593c9d.jpeg浦島山は浦島太郎を御神体にしています。
人出が足りていないことから男の人でも女の人でも
手伝う事ができます。
そして亀岡祭には、舁山の浦島山が飾り付けられます。







0b079c03.jpeg自分の地元の祭の山鉾はもっと車輪が大きくて
横に出ていて、浦島山のような山鉾は見たことがなかった。
地元のは全部引き山で、舁山もあるというのは初めてでした。

ad83b8c2.jpeg蛭子山という名前は七福神からとっている。
七福神は聞いたことはあるが、詳しく知らないので
今後調べていきたいと思う。
浦島山も浦島太郎が関わっているので気になるところです。蛭子山の近くには常夜灯があり、火災にあわないように気をつけられていたそうです。
PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
最新記事
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
歴民ブログ
性別:
非公開
自己紹介:
京都学園大学
人間文化学部
歴史民俗学専攻の活動の模様をお伝えします。
受験生、在学生のご家族の方、関係者の皆様にも楽しんでいただければ幸いです。