忍者ブログ
京都学園大学人文学部歴史文化学科民俗学コース
[826] [825] [824] [823] [822] [821] [820] [819] [818] [817] [815]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

亀山城本丸の石垣(廃 城令、弾圧により破壊された石垣であり)。明智光秀が丹波平定のために築いた城で、光秀が亡くなった後、城主が転々とした後に藤堂高虎により五層の城となった。今の石垣の3分の1が明智光秀の時代につまれた石で、光秀を愛する人々によって石垣が再度つまれました。
 天守閣の石垣(亀山城の跡地)
話しでは一回壊された石垣で、組み直したと聞きました。石は大きさや形がさまざまあります。復元するときにどうやって組み立てたのか、何をもとに復元したのか。
  石垣に興味を持ちました。石垣から攻めようとする人への対策などいろいろ創意工夫されていて感心しました。石垣にも違う積み方などがあると知りました。今回は亀山城の石垣を見ただけなので、違うお城の石垣も見て、調べてみたいと思いました。
  復元された亀山城の石垣の写真を選びました。理由は、石垣再建の話を聞いて、素直にすごいと思ったからです。ただでさえ、大変な作業なのに、機械はなく、人力で行っていたのだと聞いて、この時代じゃ考えられないと思いました。だからとても大変な作業だと分っていても、荒れた亀山城石垣を復元しようとがんばった人達を尊敬します。
  なぜ、この写真が気になったのかという理由は、大本教が所有している亀山城址の石垣が、戦前の政府による弾圧で、一度は破壊されたものの、敗戦後物資が不足する中で、破壊される前の状態へと修復されたということが、とても凄いと思ったからです。
PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
最新記事
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
歴民ブログ
性別:
非公開
自己紹介:
京都学園大学
人間文化学部
歴史民俗学専攻の活動の模様をお伝えします。
受験生、在学生のご家族の方、関係者の皆様にも楽しんでいただければ幸いです。