忍者ブログ
京都学園大学人文学部歴史文化学科民俗学コース
[793] [792] [791] [790] [789] [788] [787] [786] [785] [784] [783]
私が一番印象に残ったのは、石垣に刻まれた刻印です。築城する際に刻まれたものが今でも残っているのはすごいと思いました。刻印の種類で誰のものか分からないのが少し残念だと思いました。しかし、この上にお城があったと思うとすごいと感じました。
 写真で見るのとは違い、思ったより石が大きく、高くて下から見上げた時に迫力を感じたから。昔の人は機械がなく、手作業で積み上げたり、運んだりしていたと思うと、多くの労力と時間がかかっているんだなと思った。
 亀山城といえば、と聞かれると、この刻印が石を運搬したことを示すために刻んだものだ、という事を伝えるためです。それに、他の城にはなかなかないものだと思いました。
 石垣に刻まれた刻印がこんなにくっきり残っていることがすごいと思った。
PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 19 20
21 22 23 24 26 27
28 29 30 31
カウンター
最新記事
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
歴民ブログ
性別:
非公開
自己紹介:
京都学園大学
人間文化学部
歴史民俗学専攻の活動の模様をお伝えします。
受験生、在学生のご家族の方、関係者の皆様にも楽しんでいただければ幸いです。