忍者ブログ
京都学園大学人文学部歴史文化学科民俗学コース
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本日11日、佐々木先生と学生4名が加賀市大聖寺調査に出発します。『聖城怪談録』の怪異の場所の調査です。古絵地図と現在の住宅地図を対照し、怪異の場所を落とし込み、そこに出かけます。
大阪観光大学の橘先生と学生2名留学生1名も加わる合同調査です。以前の記録はこちら
月曜日帰京予定。
e4f6c34e.jpg
PR
異文化研究の水先案内として国立民族学博物館に行きたいと思います。行く所は博物館ですが、フィールドワークですから、引率して見学するようなことはしません。事前に下調べをして、自分の見るべきポイントを作って来て下さい。

日時 6月26日(土)
場所 国立民族学博物館(大阪府吹田市)
集合場所と時刻 国立民族学博物館正面入り口 10時30分

その他6月26日の午後、国立民族学博物館で、ジェームス・クリフォード先生のシンポジウムが開催されます。関心のある学生は各自申し込むこと。
参加希望者は申込書を共同研究室掲示板の封筒に入れておいて下さい。〆切6月23日13時
集合 安楽寺門前 9:45 拝観費用400円
「九相図」の絵解を拝観するので、撮影・録音機器を用意すること。
特別に許可された見学です。

午後は法然院、谷崎潤一郎の墓所、泉屋博古館(入館料520円)、琵琶湖疏水記念館等東山をめぐる予定。
愛宕山登山が雨天中止になったので、これを代わりとします。
申込者は掲示板に氏名記入すること。

fe8b8ac3.jpg

ヌートリアわかります?

8f80d4cb.jpg

亀の甲羅干し、外来種も多いらしいです。  

86ad37f2.jpg でっかい鯉もおりました。
 

甲賀市土山町瀧樹神社けんけと祭り(午後1時)踊り番は岩室区
1回生1名、2回生2名参加。花奪い行事でピアスを失くしたり、負傷したり。
73040dda.jpg  f4040a64.jpg
獅子舞や放下芸をしながら神札を配る伊勢大神楽が大学のすぐ近くを廻っていました。
208eddc6.jpg   49da271b.jpg
学生が鍛冶屋で鎌をつくっています。
こちら
幸朋カウンセンリングルームの松波先生のコメントも届いてます。

5月20日日までに申し込んでおく(共同研究室掲示板) 
出来れば携帯メアドを伝えておくと、当日集合までの情報を得やすい
雨天 元愛宕神社、清涼寺へ行きます メールで指令
集合 午前9時30分 JR嵯峨野線 亀岡駅改札口前(時間厳守) 解散予定 嵯峨嵐山駅 17時

時間に遅れて到着した場合は後を追わないように、道に迷うと危険です。
各自用意持ち物 食料 水 背中に背負えるバッグ 雨具 タオル フィールドノート
地図(2万5千分の1地形図、ハイキング地図・昭文社「京都西山」推奨)
帽子、できれば 汗をかいても冷たくならない素材のスポーツ用下着 懐中電灯 軽登山靴あるいは運動靴 デジカメ
フィールドワークの服装の基本は、長袖です!
第1回フィールドワークと同じで、「この一枚」を撮影します。発表も予定しますので、メモを忘れないように。

丑寅 比叡山/戌亥 愛宕山  イノシシの造形を探してみよう
銅鳥居 寛永九(1632)年
金燈篭 貞享(じょうきょう)三(1686)年
明智光秀は天正十(1582)年五月二十七日亀山城から明智越え、水尾を通り愛宕山に参拝した。六月二日本能寺の変。
表参道 茶屋とカワラケ投げ  落語「愛宕山」、大念仏狂言「愛宕詣」
白雲寺 勝軍地蔵 太郎坊天狗 火伏せの神

その後の調査のヒント
亀岡 元愛宕神社(延喜式)・嵯峨 清涼寺(大念仏狂言)・大原野 金蔵寺(勝軍地蔵)
愛宕(おたぎ) 珍皇寺 念仏寺・愛宕灯篭、愛宕講

5人の教員の企画するフィールドワークに最低1回は参加してプレゼミのレポートとするので必ずどれかに参加のこと!すでに5月3日が終了した

 

JR京都駅―(東海道線)草津駅―(草津線)貴生川駅 10:50着
10:00発  近江塩津行新快速  10:26発各駅柘植行  
甲賀市コミュニティバス(土山線)東前野停留所下車
10:55発

注意あれこれ
帰り時間は不確定、同じ方法で京都へ帰る。夕方予定のある人は参加しないこと。小雨でも鈴鹿山脈が近く、大荒れの天気になるので中止する。弁当持参のこと。屋台などはない。草津駅構内にコンビニあり。
貴生川駅下車するとすぐバスが出るので、トイレ、料金清算利用できない。必ず切符は定額で購入しておくこと。前回はこのためバスに乗り遅れた。デジタルカメラ、ボイスレコーダ、ビデオカメラ、フィールドノート等各自準備のこと。専攻で貸出あり。聞き取り調査なので見物だけのつもりではいけない。また、ヒール、スカートは避けて下さい。
地図ダウンロード(html)
来週日曜日もあるはずですが、午後1時半から嵯峨嵐山の清涼寺〈嵯峨釈迦堂)で仮面無言劇の嵯峨大念仏狂言が行われます。本日は花盗人を鑑賞。
a95ed396.jpg

 
ダウンロード(mov) カンデンカンのお囃子。
4月10日亀岡城下町フィールドワークで新入生を迎えますが、人出がいるのは文化資料館に戻って来て、新入生が撮影した画像をパソコンに落とす作業の所です。パソコンやメディアコンバータなど機材も準備しなければならず、少なくとも5人、2,3回生のチームがほしいのです。新入生の顔も知りたいしという諸君ふるって参加表明して下さい。花見準備はみんなが来るだろうから、なるべくこちらに参加をお願いします。
しっかりとフィールドワークしたレポートがほとんどです。
こちら
e4f6c34e.jpg
AO入試、指定校推薦入試、公募推薦入試、学園内推薦入試で入学予定のみなさま。レポートおつかれさまでした。歴民の教員は、歴史・民俗芸能・人文地理・文化人類学・都市文化史の5人の専門家ですが、それぞれの専門にだいたい沿った内容のレポートを、これから読ませていただいてコメントを書き込みます。これは4月のフレッシュマン・フェスタの時に個別に面談しながらお返ししますのでお楽しみにして下さい。

AO入試、指定校推薦入試、学園内推薦入試、公募推薦入試で入学予定のみなさま。お知らせが行っていると思いますが、3月10日までにフィールドワークレポートを作成してお送りください。詳細はこちら
やり方がよくわからないという方、こちらをご覧下さい。
一般入試、センター利用入試のみなさま。まもなく合格通知が届きます。入学式でお目にかかれることを新2、3回生とともに楽しみにおります。
2009亀岡祭ではTwitterが活躍しましたが、その全記録を公開します。
これを見ると、Twitterがフィールドノートのように使えることがわかります。
一番上が、一番時系列の上なので、下から読んで行って下さい。
こちら
INET012B.GIF
炭焼おおづち村ブログが参加してくれました。
あけましておめでとうございます。今年もよろしくおねがいします。
こちら

高知県須崎市のお雑煮
材料
切り餅、人参、大根、ネギ、きのこ(えのき)、お揚げ
レシピ
鰹節で出汁をとる。
薄口醤油を入れ。
人参、大根などを入れる。
切り餅を焼かずに入れる。

後ろは皿鉢料理です。
高知県のだいたいの家が皿鉢料理でお節料理の家はあまりありません。
5e2c13a5.jpg

群馬のお雑煮です。すみません、寝ぼけて写真取り損ねました…;;
①ニンジン大根里イモ椎茸しめじエノキ舞茸鶏肉油揚げこんにゃくを食べやすく切り、サラダ油で炒める。
②昆布だしを入れて圧力鍋で調理する。
③圧力が下がったら、醤油みりん酒で味を調える。
④最後に長ネギ白菜なるとを入れ軽く火を通す。
⑤四角い餅を(オーブントースターで)焼いて、お椀に入れておく
⑥餅を入れたお椀に汁をよそう。

普通はそんなに具を入れない。けんちん汁の簡易バージョンみたいな。
餅に飽きるので、我が家は具材がいっぱいです(笑)
若い頃はほうれん草を入れていたそうです。
母の姉も、具材が多い…家系?

祖母の作るものは具がほとんどなかったそうですが…(葱椎茸油揚げなると程度)餅は焼かずにとろとろになるまで煮込んだらしい。(祖父の好み)
昔は機械で搗いたものよりも手が主流なので、食べるころにちょうど良く伸びたからではないか、とのことです。(母談)
 

大阪です。
・材料
主な具材→餠、大根、人参、かまぼこ、柚子の皮、三つ葉。
ダシ→鰹、昆布、味醂、醤油、塩
・調理法方
Ⅰ沸いたダシに餠、大根、人参を入れる。
Ⅱ出来上がった雑煮にかまぼこ、三つ葉、柚子の皮を入れる
※我が家の雑煮はお澄ましの雑煮です。
c05993de.jpg

奈良の自分家の雑煮についてです。
昆布と鰹節でダシをとり白味噌で味をつけます。
具材は大根、人参、ゴボウ、里芋、巾着餅です。
きんちゃくは丸餅を1/3か1/2にしたものを入れてかんぴょうで閉じたものです。
きんちゃくを入れているのは近所でも自分家ぐらいだと思います(-_-;)
d3259c14.jpg



忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
最新記事
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
歴民ブログ
性別:
非公開
自己紹介:
京都学園大学
人間文化学部
歴史民俗学専攻の活動の模様をお伝えします。
受験生、在学生のご家族の方、関係者の皆様にも楽しんでいただければ幸いです。