忍者ブログ
京都学園大学人文学部歴史文化学科民俗学コース
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2d217b43.jpeg
羽衣山はご神体が天女伝説と深く関わっており、様々な地域で色々な天女伝説がある。
出身地の沖縄にも天女伝説があるので興味をもった。
京都でも天女伝説がこのフィールドワークを通して実存していることを知れたので、他の地域にもどんな天女伝説があるか調べたい。
PR
大念仏狂言はいわゆる能狂言とはまた違い、その古い形の無言仮面劇です。
4月から5月にかけて京都で行われています。閻魔さんや土蜘蛛など、他界の連中いわゆる妖怪もたくさん出てきます。

嵯峨大念仏狂言 清涼寺 4月第1土曜、第2土日曜
壬生寺 4月21~29日
千本ゑんま堂大念仏狂言保存会 5月1~4日

これを京三大念仏狂言といい、これに加えて

神泉苑 5月1~4日

がある。京都以外では、夏のフィールドワーク地である若狭小浜に

和久里壬生狂言

が伝わっている。
05724256.jpeg
9月10日保津川で京筏組が子どもたちを相手に筏体験を行いました。
主に鍛冶屋倶楽部、博物館学芸員課程の学生が参加。まだ暑い中、川の中は涼しい?

9aa0c82c.jpg  01ed45f0.jpg
 


d6d6bc0d.jpg
  0c9e120c.jpg 

a9ef9453.jpg  d0c5c65b.jpg

01868951.jpg
9月10日(土)13時から16時、保津川下り乗船場向かいの河原にて。
詳しくはこちら
京筏組(保津川筏復活プロジェクト連絡協議会)には歴史民俗学専攻も参加しています。
40b0c898.jpg
9月15日亀岡祭説明会です。詳しくはこちら
今年は国民文化祭にも参加予定です。会長さんからの文面です。
「本年は、祭が終わりました4日後に京都で開催されます国民文化祭が亀岡にて、10月29日(土)亀岡祭宵宮再現として午後より夜9時まで亀岡駅前にて行います、10月30日(日)ガレリアかめおかにて、民俗芸能祭を実施いたします。出来ましたら国民文化祭にもご協力して頂きましたら有難いです。宜しくお願い致します。」
JPN021S.GIF
一式飾り 
東プロジェクト 旧加茂川付近の住民の「東」意識を探る
藤内狐 米子に伝わる狐説話調査
刀鍛冶 伯耆安綱
山伏   国宝三徳山投入堂を訪ねる
米子城跡 調査時期が他と違うので注意
砂丘・多鯰ケ池
粟島神社・八百比丘尼
温泉 温泉巡りでなく温泉研究 はわい温泉は葬送でおもしろい記述がある
米子市内 恐怖の景観を探る

各グループとも安全には気をつけて。ツイッター(携帯からはtwtr.jpで登録)で歴民ツイッター(RekiminWhatsNew)をフォローして、調査状況をつぶやくと調査日誌代わりにもなるし、安否確認にもなる。
08ea6938.jpg

1.全員集合
グループ毎のフィールドワークの成果を発表・検討します。
集合時刻 2011年9月1日午後5時
場所 皆生温泉つるや 683-0001鳥取県米子市皆生温泉2丁目5-1 0859-22-6181

2.グループ別フィールドワーク
・各グループに分かれてフィールドワークを行います。
・基本的には2回生の組織するグループに所属して、フィールドワークを行います。
・日程はグループによって異なりますが、2泊3日から3泊4日程度です。
・グループ別のフィールドワークについては、宿泊はグループあるいは各自で用意して下さい。
・出かける前に、グループで一度集まって、打ち合わせや下準備をすること。
・フィールドワークにおいては、安全に十分気をつけること。
e4f6c34e.jpg

2011年8月14日(日)午前10時15分 JR亀岡駅前バス停集合
10時36分発八田線バス乗車―国道佐伯下車
1.輪番区での出発式 2.薭田野神社出発式 3.神輿、灯籠などの巡行 4.御霊神社祭典、松明行事、人形浄瑠璃上演 5.氏子域巡行(人形浄瑠璃上演を含む)

参加費無料、バス代往復600円、昼食、水等持参のこと
解散予定、午後3時40分(JR亀岡駅前)

事前学習会
7月30日(土)午前10時からガレリアかめおか3F、南丹パートナーシップセンター
問合せ先 今後の南丹文化について考える会 oh-en@kame-genki.org
佐伯灯籠についてはこちら


6月29日(水)A班(吉村・佐々木ゼミ)
7月13日(水)B班(堀田・手塚ゼミ)
円山応挙が生れた村で、小僧をしていた金剛寺を訪ねます。
大学から徒歩で22分です。集合してすぐ出かけますから遅れないように。
円山派デジタルミュージアムであらかじめ応挙について勉強しておいて下さい。
また、全生庵では伝応挙作幽霊画を見ることができます。
(Aは休講ではないので注意)



感覚とセンスを信じてみよう―鶴橋フィールドワーク―
情報の確認ではなく、問題を発見するためのフィールドワーク
集合 7月7日(木)午後2時 JR鶴橋駅 鶴の広場
解散 7月7日(木)午後5時頃 御幸森天神宮(コリアタウン)
ミッション 鶴橋にある6ヶ所の市場と桃谷にある生野コリアタウンを参与観察する。

とりあえず迷子にならないためのツール
ようこそ多文化のまち、コリアタウンへ

〆切 7月4日(月) 提出先 共同研究室



テーマ 歴史博物館の舞台裏をのぞく
6月25日(土)13時30分 高槻市しろあと歴史館集合
博物館の収蔵庫まで入って、古文書や資料を見学させてもらいます。
e4f6c34e.jpg


テーマ 上方落語の怪異空間
7月2日(土)13時、京阪天満橋駅集合
上方落語にはたくさんの怪異が語られています。実際の大阪の街を歩いて怪異がどんな所で起きたのかを確かめます。
e4f6c34e.jpg

中世以来の無言仮面劇、嵯峨大念仏狂言を見に行くフィールドワークです。
4月10日(日)12時嵯峨嵐山駅改札出た所に集合。もちろん後から清涼寺に来てもかまいません。
時間があれば、鳥居元やら清滝あたりまで散策。
嵯峨大念仏狂言サイト。ここを読んで事前学習しといて下さい。

4月9日(土)13時亀岡市文化資料館集合。新入生はじめてのフィールドワークです。
フィールドノート、デジタルカメラ等各自用意すること。集合時間前に文化資料館の展示も見学しておいて下さい。
e4f6c34e.jpg
4月に入学する方々で早い時期の合格者の方々には入学前教育を受けてもらっております。
3月15日〆切のレポートが「フィールドワークしてレポートを書く」です。
フィールドワークは初めてでしょうから迷うこと、わからないことも多いと思います。
注意点も読んでおいて下さい。こちら
これまでの先輩方のレポートもお手本にして下さい。こちら


南丹愛しきの文化応援団。亀岡市出雲大神宮で毎年4月18日「鎮花祭(はなしづめのまつり)」の神事の後、演じられる出雲風流花踊り。
日時 平成23年2月12日(土) 午後2:00から
場所 ガレリアかめおか「響ホール」ほか(亀岡市余部町宝久保1-1)
詳しくはこちら

1月22日、南丹愛しき文化の応援団に協力して、吉村先生と学生たちが和知人形浄瑠璃の鑑賞会に参加します。
e4f6c34e.jpg

12月4日、南丹愛しき文化の応援団に協力して、吉村先生と学生たちが佐伯灯籠の鑑賞会に参加します。
e4f6c34e.jpg


9d26559a.jpg
祭りの間、鍬山神社から御旅所の形原神社へ鍬山宮と八幡宮の神輿がやって来て鎮座する。
亀岡祭の歴史



忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
最新記事
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
歴民ブログ
性別:
非公開
自己紹介:
京都学園大学
人間文化学部
歴史民俗学専攻の活動の模様をお伝えします。
受験生、在学生のご家族の方、関係者の皆様にも楽しんでいただければ幸いです。