忍者ブログ
京都学園大学人文学部歴史文化学科民俗学コース
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
7月10日~10月8日東京都現代美術館にて。詳しくはこちら
館長庵野秀明 ミニチュアで見る昭和平成の技
PR
今年も「文楽若手会」があります。演目は「二人三番叟」「義経千本桜」。詳しくはこちら
学生は安くなります。
6月24日(日)大阪日本橋・国立文楽劇場12時集合。
事前に共同研究室内ホワイトボードにある紙に氏名を書いて申し込んで下さい。
6月に入ると早めに〆切ます。

江戸の歌舞伎とならんで日本を代表する人形浄瑠璃です。
大阪にあった文楽座から文楽という名前は来ています。
関西圏以外から来た人は一見の価値あり。
佛教大学宗教文化ミュージアムで「愛宕信仰のひろがり―諸霊山とのネットワーク」が6月24日(日)まで、無料。
詳しくはこちら
滋賀県成願寺の太郎坊権現像が展示されている。
6月17日(日)、7月15日(日)、8月4日(土)・5日(日)・26日(日)、9月16日、10月7日(日)
「平氏と怪異」が今年のテーマです。
学生たちと教員がテーマについてプレゼンテーションします。

「  サムライの世の中を源氏とともに勝ち取った平氏だが、その滅亡以前から怪異妖怪伝承がまとわりついていた。保元の乱で滅ぼした悪左府、藤原頼長や崇徳上皇 は怨霊、天狗として京都を恐怖に陥れる。その周辺でも、源義朝や源頼政など、妖怪退治を成したり、非業の死を遂げたりと、まさにこの時代は妖怪とサムライ の時代といえよう。歴史民俗学によってこの時代を解読して行く。」

dca19063.jpg
妖怪を通して地域や文化を考える、「京都丹波妖怪文化論」の4回目は、「怪談」をテーマに開催します。
関西を中心に活躍する怪談師による「怪談」と、客席との「トーク」の2部構成。地域の怪異や不思議を受け継いできた「語り」について考えます。 大学ニュースはこちら

2012年6月16日(土)午後1時30分~3時30分
ガレリアかめおか2階大広間 入場無料
怪談社 紗那・紙舞
トーク  紗那・紙舞 堀田穣(京都学園大学教授 歴史民俗学専攻)
コーディネーター 黒川孝宏(亀岡市文化資料館館長)
歴民学生 怪談
主催 公益財団法人生涯学習かめおか財団
共催 京都学園大学
この時期、京都では非公開文化財を特別公開します。こちら
4月27日~5月6日つまりゴールデンウィークねらいです。

真珠庵が公開されます。百鬼夜行絵巻はありませんが。
おすすめは保元平治の乱関係。今年は平氏と怪異が我々のテーマですから。

法住寺、後白河法皇の木像初公開!!
法性寺、千手観音・不動明王

おっと!これを見逃してた!!!!!!
清浄華院 泣不動縁起絵巻 安倍晴明と式神と妖怪が描かれています
城下町フィールドワーク 4月8日(日)13時 亀岡市文化資料館集合
集合までに資料館展示を見ておくこと。オールドかめおか写真展。大人260円。
亀山城址から城下町を巡ります。おほもとさんが観桜茶会を城址で開催されています。

フレッシュマン・フェスタ 4月3日(火) 新入生歓迎行事です。昼食会をしますが、密閉容器を持参すれば夕食も確保。自分で時間割を決めるのに、先輩が手伝ってくれます。

図書館司書、博物館学芸員資格課程説明会 4月4日(水) この週は毎日説明やガイダンスです。教職の説明もあるはず。
平清盛』展 神戸市立博物館 4月8日まで

馬頭観音立像特別公開 奈良、大安寺 3月31日まで

蔵王大権現開帳 吉野、金峯山寺 4月~6月7日まで
4月1日(日)入学式
4月3日(火)フレッシュマンフェスタ
 新入生の歓迎行事です。ここで先輩たちと初めて顔合わせ。履修届なども作成。
4月7日(土)城下町フィールドワーク
 城下町亀岡を初めてのフォールドワーク。月月火水木金金生活が始まります。
 昨年の模様参照 こちら
4月8日(日)嵯峨大念仏狂言今宮神社やすらい祭があります。京都は春の祭でいっぱい。
 先輩たちがフィールドワークに走ります。
4月10日(火)授業開始

以上はいちおうの予定で変更されるかもしれません。
AO入試C日程、公募入試B日程合格者に「入学前教育」のお知らせを郵送しましたが、
文面に
誤「来年4月から本学部歴史民俗学専攻に入学され」
とありますが、もちろん
正「本年4月から本学部歴史民俗学専攻に入学され」
です。おわびして訂正します。
読後レポートは、必ず書かなくてはならないわけではありません。
けれど、入学すれば、レポートを書かなくては単位が取れません。今から訓練しておくことをお勧めします。
2012年3月11日、ガレリアかめおかで、第三回「京都丹波妖怪文化論」講座があります。
詳しくはこちら
1月25日10時から始まります。共同研究室掲示板に順番と予定時刻が掲示してあります。
一般的に引用参考文献の書き方が不備不足です。試問までに修正しておくこと。
領域によって違いますが、例えばこちらを参照のこと。
東京・新橋、パナソニック汐留ミュージアムで今和次郎展やってます。
青森県弘前市に生まれた今和次郎(1888-1973)は「考現学」の創始者として、また民家研究者として知られていますが、その根底には生涯に渡り都市 と地方を行き交いながら、そこに生きる人間の暮らしをつぶさに見つめ考察し続けた建築家、デザイナーとしての姿がありました。本展は彼が残したスケッチ、 写真、調査資料、図面等の膨大で多彩な資料をとおして、類い希なる眼力の持ち主であった今和次郎のユニークな活動を紹介する初の回顧展です。
詳しくはこちら
6c39fefa.jpg2012年になりました。日程があれこれです。
1月10日(火)授業始まり
1月11日(水)卒論提出
1月14日(土)小松和彦特別招聘客員教授特別ゼミナール
14日~15日大学入試センター試験
1月15日(日)入学前教育読後レポート提出
2011年度人間文化学部特別招聘客員教授
小松和彦先生 第2回講演会+特別ゼミナール

日時 2012年1月14日(土)13時~17時
場所 京都学園大学朋文館22号教室
第一部 講演会 13時~14時 小松和彦特別招聘客員教授による歴史と民俗に関する講演
第二部 特別ゼミナール 14時半~17時

14時30分 1回生
14時45分 2回生
15時     2回生
15時15分~30分 休憩
15時30分  3回生
16時      3回生
16時30分  修士
*聴講は自由です。どなたでもご参加いただけます。
*18時30分頃から京都市内にて小松先生を囲んで懇親会を開催いたします。
入学前教育レポート提出のお知らせを掲載しました。
こちら
11月20日13時半から目白ファッション&アートカレッジ(JR目白駅、改札口出て交番横階段下り線路沿い徒歩1分)を会場に、「京都と妖怪・魔界」シンポジウムが開かれます。小松和彦先生が京都魔界と言い始めたのが1994年別冊宝島『京都魔界めぐり』からでした。今回「とっておきの京都魔界案内」を語られます。
詳しくはこちら
教務にいた佐野さんが演劇公演をします。11月5日(土)17時から、京都府立文化芸術会館ホール。演目『西陣の人』。入場無料ですが整理券がいります。引き換えカード共同研究室にあります。
詳しくはこちら
第15回総合写真展で卒業生の速水さんの作品が秀作として展示されます。
詳しくはこちら
期間は10月27日~11月1日。会場は東京都立産業貿易センター・浜松町館 4・5階ホール(東京都港区海岸1-7-8)電話 03-3434-4242。
11月27日まで高槻しろあと歴史館で「徳川三代と華ひらく富田―まちに息づく文化の世界」展が開かれています。詳しくはこちら
また今城塚古代歴史館では「三島と古代淀川水運2」の展示を行っています。
詳しくはこちら
日本の鬼の交流博物館(福知山市大江町)で11月30日まで「水木しげるの描く鬼たち」展が開かれています。
詳しくはこちら
京都国立博物館で「細川家の至宝」展、11月23日まで。
詳しくはこちら
特別招聘客員教授小松和彦先生が、現代に生きる陰陽道、いざなぎ流についての研究をまとめられました。
6825円という高価な本ですが、著者割引だと少し安くなります。どうしても買いたいという方は手塚先生までお申し込み下さい。 どんな書物かは詳しくはこちら
BOOK005S.GIF
歴史民俗学専攻 卒業研究について

1.要項
 1)卒業研究論文は返却せず、演習担当教員が保管。
 2)提出締切日・・・2012年1月11日(水)16:30 教務課提出

2.論文
 1)本文文字数は、20,000字以上(分野により図表の取扱は違う)。
 2)手書きの場合は、インクまたはボールペンを使用。
 3)大学指定の原稿用紙を用いること。
 4)原稿は、ワープロソフトで作成可。その場合はA4判で作成。
 5)修士論文で使用の表紙と同じものを付けて提出。

3.その他
 1)卒業研究テーマは、2011年10月8日(土)迄に演習担当者に提出、これを掲示する。
 2)歴史民俗学専攻で中間発表会を行う。12月7日予定。
京都文化博物館にて9月3日から10月16日まで。
ニューオーリンズ ギッター・コレクション展
詳しくはこちら


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター
最新記事
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
歴民ブログ
性別:
非公開
自己紹介:
京都学園大学
人間文化学部
歴史民俗学専攻の活動の模様をお伝えします。
受験生、在学生のご家族の方、関係者の皆様にも楽しんでいただければ幸いです。